傘をもたない蟻たちはネタバレ!最終回の結末と原作との違いは?

NEWSの加藤シゲアキさんが原作を務めた小説「傘をもたない蟻たちは」がテレビドラマで実写化ですね!

21657276

加藤シゲアキさんはNEWSのメンバーとしてアイドルとしてもトップの地位に君臨しているわけですが、小説家としての才能も世間に認められたということでしょう。

特に加藤シゲアキさんの「傘をもたない蟻たちは」に関してはNEWSファンからの支持だけではなく、一般の方からも絶大な評価を得ており、ドラマ版も非常に盛り上がるのではないでしょうか?

この記事では、加藤シゲアキさん原作「傘をもたない蟻たちは」(ドラマ)のネタバレ!と題し、最終回の結末や原作との違いに迫っていきます!

スポンサーリンク


傘をもたない蟻たちはのドラマと原作の違い


nturklo-img450x600-1434755030eufqhr11394

まずは「傘をもたない蟻たちは」のドラマ版と原作の違いを知っておきましょう。

原作小説の「傘をもたない蟻たちは」では以下6つのストーリーが収録されており、短編小説を6つ収録した珍しい小説となっているのです。

1、染色

2、Undress

3、恋愛小説(仮)

4、イガヌの雨

5、インターセプト

6、にべもなく、よるべもなく



しかし、ドラマ版では、「恋愛小説(仮)」「インターセプト」「にべもなく、よるべもなく」の3つだけが公開されるのです。

そして以上の3つが融合されたのがドラマ版の「傘をもたない蟻たちは」のあらすじとなっています。

原作小説の「傘をもたない蟻たちは」の中でも最も評価を得ているのが以上の3つの物語なのでドラマ化するのも頷けますね!

スポンサーリンク


「傘をもたない蟻たちは」ネタバレ!最終回の結末はどうなる?


以下、ネタバレとなります。

アイドルが書く小説ということで原作の「傘をもたない蟻たちは」は、ハッピーエンドな物語なのかと思えば、実は原作の最後の結末はバッドエンドが多いんですよ。

「傘をもたない蟻たちは」のドラマ化については製作側は原作小説の良さをそのまま出したいでしょうし、なにせ原作を書いた加藤シゲアキさん自身もドラマに出演するので、最終回の結末はズバリ、バッドエンドとなるでしょうね!

あらすじとしては、作家とは名ばかりで貯金とバイトで生活を繋いでいた小説家の橋本ジュン(桐山漣)が恋愛小説を書き始めるのですが、締め切りが迫り、中々良いアイデアが出ない中、ジュンの幼馴染の啓介(加藤シゲアキ)が現れます。

啓介はジュンに話題を持ち出し、それをヒントに小説を書いていくのです。

最終回の結末は、理想をいえばジュンが立派な小説家になることでしょう。

ドラマを見ている方はそう思うかもしれません。

しかし、先述したように最終回の結末は、小説家として成功を収めた啓介は貧乏時代の苦悩を忘れ、ジュンとも不仲になり結局ジュンがいなければ良い小説を書くこともできなくなり啓介は貧乏に逆戻りってパターンが予想できます。

加藤シゲアキさんの小説は人間の少し寂しい部分を忠実に描いた作品が多いのでドラマもそのように、バッドエンドな結末を迎えることでしょう。

「傘をもたない蟻たちは」のドラマ版の第1話は1月9日(土曜日)23時40分~24時05分に放送されます!

深夜ドラマならではの少し寂しげな雰囲気を楽しみたいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ